1歳で読んだ絵本!おすすめ11撰!

教育・暮らし

1歳の絵本でおすすめが知りたい!

おりまま
おりまま

こんにちは!湘南在住のおりままです!

おりままは子供が3ヶ月の頃から毎晩絵本の読み聞かせをしていました。

 

そんなおりままが実際に読んで大活躍だった1歳おすすめの絵本を紹介します!

年齢はあくまで参考なので1歳以降も楽しめます。
おりまま
おりまま

1歳の絵本選びの参考にしてくださいね。

1歳の絵本!おすすめ11撰!

実際に我が家で大活躍だった1歳の絵本を紹介します。

スポンサーリンク

1歳の読みきかせに大切なこと5つ

おりまま
おりまま

1歳の絵本選びでどんな本を選んであげたら良いでしょうか。選ぶ時に注意したことを5つです。

  1. 少し物語性が加わりリズムやゴロが良い文章。
  2. ゆっくりハッキリした声で読む。
  3. 絵本の色がハッキリしていてわかりやすい。
  4. リラックスしてゴロゴロしながら読んでもいい。
  5. 暗記してしまうほど何回も何回も読んであげましょう。

物語性が加わりリズムやゴロが良い文章

0歳の頃とは違って少しだけ物語があるものを加えていきます。短い文章だけど内容がわかりやすいもの。

そして、読み聞かせするのに重要な文章のリズムやゴロが良い本を選ぶと良いです。いわゆる音が良いと言われる本ですね。

イメージとしては大人もすぐに暗記してしまうような絵本の文章です。リズム感やゴロがいいとすぐに覚えて頭に残りますよね。

ゆっくりハッキリした声で読む

読み聞かせする時にはゆっくりハッキリした声で読んであげると小さな子どもでも聞き取りやすいです。はやく読んでしまうと言葉が聞き取りにくくてよくわかりませんよね。

おりまま
おりまま

遅いかな?と思うぐらいゆっくりでも大丈夫です。

絵本の色がハッキリしていてわかりやすい

1歳〜2歳の絵本には絵がわかりやすく色がハッキリとしたものを選びましょう。字は読めなくても絵を眺めていることもあります。絵を見たりページをめくるのも遊びになるんですよね。

リラックスしてゴロゴロしながら読んでもいい

リラックスしてゴロゴロしながら読んでもいいです。寝転びながら絵が見えるように読んでみてください。案外、子供も喜びますよ!大人はちょっと腕が痛くなりますが(笑)気軽に絵本に触れて見ることが大切です。

暗記してしまうほど何回も何回も読む

読んで!と言われたら何回も何回も読んであげましょう。本が好きになっている証拠です♪

おりまま
おりまま

1歳の絵本選ぶに大切なこと5つをまとめますね。

  1. 物語性が加わりリズムやゴロが良い文章
  2. ゆっくりハッキリした声で読む
  3. 絵本の色がハッキリしていてわかりやすい
  4. リラックスしてゴロゴロしながら読んでもいい
  5. 暗記してしまうほど何回も何回も読む

以上の5つのポイントに注意しながら次はおりままが実際に子供に読んで大好評だったおすすめの絵本を紹介していきますよ。

0歳児におすすめはこちら♪

1歳の絵本!おすすめ11撰!

おりまま
おりまま

1歳の頃に子供が大好きだった絵本を紹介します。

1.のせてのせて

「まこちゃんのじどうしゃです。はしりますよ。ブブー!」というリズム感のあるフレーズが頭に残ります。

「のせて!のせて!」といろんな動物たちがマコちゃんの自動車に乗ってきます。最後はトンネルを抜けると〜?ちょっとワクワクする展開に子どもも大喜びでした。

おりまま
おりまま

何度も何度も子どもに読んだ本です。おりままも暗記してます。(笑)

2.うずらちゃんのかくれんぼ

絵がとても可愛くて色もキレイですよね。おもわず一目惚れして購入した本です。ひよこちゃんとうずらちゃんのかくれんぼがとても愛らしくて読んでいて優しい気持ちになります。

おりまま
おりまま

息子も大好きでよく一緒に声を出して読んでいましたよ。

3.ねないこだれだ

せなけいこさんの誰もが知っているロングセラーの絵本ですね。夜、子どもがなかなか寝ない時はこの絵本が登場します。(そう簡単に寝てくれませんが(笑))

おりまま
おりまま

読んでいてもリズミカルであっというまに文章を覚えてしまいますよ。

4.わたしのワンピース

この絵本を開くとあまりの絵の美しさに気持ちが浄化された気分がします(笑)ワンピースがいろんな柄に変わっていくお話の流れは子どもも大人もワクワクしますよね。

おりまま
おりまま

ラララン♪ロロロン〜♪の音の良さも好きです。姪っ子が大好きな絵本でした。

5.おやおやおやさい

ダジャレいっぱいのユーモアのあるお話です。お野菜がたくさん出てくるの野菜の名前をあっというまに覚えちゃますよ!

小学生になっても読んでます。(小学生男子はダジャレブームが必ずきますよ!)

おりまま
おりまま

100回以上は間違いなく読みました!

6.おもちのきもち

まさかお餅が家から脱走するなんて!!これを読んでいるときの目をキラキラしている息子が印象的でした。とってもユーモアのあるお話で美味しいお餅が食べたくなります。

おりまま
おりまま

お正月が近くなると読みたくなる絵本です。

7.バルンくんシリーズ

バルバルルンルン、バルンルン!とにかく文章の音がよく、子どもをぐっと引きつけてくれます。ブルドーザーとホイールローダー、ダンプカーが出てきます。寝る前に必ず持ってくる本の1つでした。

バルンくんはシリーズで3冊あります。全部面白いです。

おりまま
おりまま

車が好きな子にはおすすめです。

8.あおだすすめ!すすめ!

運転士のダフィが機関車で世界を旅する不思議なお話です。途中、石炭が切れてしまったりいろんな困難がありますが無事に元の駅まで戻ってくることができます。

小さな子どもでも大人でもとてもワクワク読める絵本です。絵もとてもキレイで文章も読みやすいです。この本も息子が大好きで夜の読み聞かせにはよく登場する本でした。

いろんな国が出てきて夢が広がります。

おりまま
おりまま

国旗を覚えるのにも役にたちました。

9.かいじゅうたちのいるところ

100回?200回は読んだかもしれません(笑)パパが子どもの頃に大好きで息子が0歳の頃から読んでいます。

息子もすっかり気に入ってしまい1番のお気に入りの絵本かもしれません。最後のシーンの「まだ、ほかほかとあたたかかった。」が好きでよく一緒に読んでいました。

おりまま
おりまま

一生手放せない思い出の絵本です。

10.ぐりとぐら

知っている人も多い「ぐりとぐら」のシリーズ。とにかく文章の音がよくて頭に残りますよね。

おりまま
おりまま

カステラがとっても美味しそうでよく一緒に食べる真似をしました。

11.バムとケロ

絵本でこんなに面白いのがあるの?って思うぐらい笑っちゃいますよね。いつも、いたずらばかりのケロちゃんが可愛い過ぎて憎めない(笑)

絵もわかりやすくて子どもの心をグッと掴みますよね。息子も隅々までよく絵を見ていました。

おりまま
おりまま

隠れキャラを探すのも楽しいですよ♪

小学生になった今もたまに思い出して読んでいます。

バムとケロのシリーズはどれも楽しいお話なので我が家はお出かけや旅行にも持って行きやすい小型の本を購入しました。

おりまま
おりまま

旅のお供には必ずバムとケロが一緒でしたよ!

おりまま
おりまま
島田ゆかさんのカバン売りのガラゴのシリーズも入ったセットもおすすめです。どのお話もとっても楽しいですよ!

おりまま
おりまま

「絵本は最高の知育教材」とも言われています。

読書からいろんなことを学び子どもの好奇心がどんどん広がっていきます。読み聞かせは大切なその第1歩だと思います。忙しい毎日ですが夜寝る前の1冊からはじめてみると習慣にしやすいと思います。

おりままが子供の読書に関して参考にした本も紹介します。この本を読んでおりままも子供と絵本の関係を学びました。興味のある方は参考にしてみてくださいね。

おりまま
おりまま
最後まで読んでいただきありがとうございました。おりままでした♪

 

この記事を書いた人
おりまま

小学生のアラフォーママ/高級ブランド品から出産準備まで販売のプロとして約10万件の相談を受けた実績あり/子どもの成長と共に親も成長したい!育自・子育てブログを運営中。出産準備から小学生のお買い物の悩み・教育・ライフスタイル・子連れお出かけ情報などを日々発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

おりままをフォローする
教育・暮らし
スポンサーリンク
シェアする
おりままをフォローする
おりろぐ