ロボット教室のデメリット?辞めた理由<まとめ>

保育園

ロボット教室のデメリットや辞めた理由が知りたい!

おりまま
おりまま

こんにちは!ベビー子ども用品販売歴10年のおりままです。

ロボット教室がとても気になるけど辞めた人の理由デメリットもききたい!

そんな人のためにヒューマンアカデミーロボット教室に4年間通っている我が家のリアルな感想を紹介します。

この記事を読めばロボット教室のデメリットがわかります。

おりまま
おりまま

ロボット教室の入会を考えている人はぜひ、参考にしてくださいね。

ロボット教室を辞めた理由とデメリットまとめ!

 

スポンサーリンク

ロボット教室のデメリット

おりまま
おりまま

4年通ってわかったロボット教室のデメリットと日頃ちょっと気になることです。

パーツを失くす

ロボット教室のパーツは小さいので紛失することが多いです。パーツが足りなければもちろんロボットが作れなくなるので再購入しなくてはいけません。

小さなパーツは何十円、スイッチのパーツなどは何百円(滅多にありません)
おりまま
おりまま

小さな子供が失くさないように自分で管理するのは難しい。

ちょっと大変だけど我が家は算数シールのような小さな名前シールを貼って紛失を防ぐようにしてます。

月謝が高い?

  • 入会金 11,000円(税込)
  • 標準キット購入 31,350円(税込)
  • 月謝  10,340円(税込)
  • テキスト代 550円(税込)
おりまま
おりまま

初期費用が合計で53,240円(税込)

1ヶ月で10,990円(税込)の費用がかかります。

おりまま
おりまま

でも、他のロボット教室と比べるとヒューマンアカデミーのロボット教室は費用として安いほうになります。

高いと感じるか?安いと感じるか?体験会などで実感してもらえたらと思います。

※ミドルコースとアドバンスコース進級の時に追加キット代が必要になります。(タブレットなど)

子供の成長が見えにくい

ロボット教室 体験3

授業に親が参加する訳でもないし、テストがあるわけではないのでロボット制作をどれぐらい理解しているのか?を把握することが難しいです。

おりまま
おりまま

送迎時に先生に様子をきいたり、途中でつまずいていないか?確認すると良いでしょう。

もちろん作った作品を見せてもらって家庭でどのようにロボットが動くのか?など子供に一度説明してもらうと理解度が把握できます。

授業についていけない

モノ作りが苦手な子はかなり早い段階で制作についていけなくなる子もいます。90分集中するって子供にとっては大変なことです。

長く続いている生徒はロボットを作ることが本当に好きな子達。白黒ハッキリ分かれます。

おりまま
おりまま

どんな習い事もそうですが声がけをして自分の子供の様子を良くみておくことが大切です。

 

ロボット教室を辞めた理由

4年間の間に残念ながらロボット教室を辞めていった生徒さんもいます。
おりまま
おりまま

理由は?

  1. ロボットを作るのが難しい/楽しくない。
  2. 別の習い事に通うことになった。
  3. 中学受験のため。
  4. 月謝が高い割に効果がわからない。
  5. 先生と相性が合わない。
  6. 引越(通うのが遠い)
  7. 男の子が多い。(我が子の教室は女子もいます。)
おりまま
おりまま

ロボット教室の授業は1回90分です。(月2回)ロボットを作るのが楽しくなければこの時間はシンドイですよね。

月謝も決してお安くないので子供がイマイチの反応なら辞めて他の習い事を選びますよね。

また、男女比は確かに9:1か8:2ぐらいでしょうか。もし気になるようなら体験会で先生にきいてみると良いでしょう。(先生との相性も体験会でチェックできます!)

おりまま
おりまま

本当に好きじゃないと習い事は長くは続きませんね。

ロボット教室の4年間の感想

ロボット教室に入会したけど残念ながら辞めてしまった人はいますが、我が家にとってロボット教室はなくてはならない存在です。

4年間、通学した感想やメリット、小学生で現れた効果はこちらの記事で紹介しています。

好きなことは長く継続する

子供が好きなこと夢中になれることはどんどんやらせてあげたいです。結果、集中力が身につき自身が持てるようになってきます。

おりまま
おりまま

ロボット教室はモノつくりが好きな仲間がたくさんいます。気になる人はぜひ無料の体験会に参加してみてくださいね。


この記事を書いた人
おりまま

小学生のアラフォーママ/高級ブランド品から出産準備まで販売のプロとして約10万件の相談を受けた実績あり/子どもの成長と共に親も成長したい!育自・子育てブログを運営中。出産準備から小学生のお買い物の悩み・教育・ライフスタイル・子連れお出かけ情報などを日々発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

おりままをフォローする
保育園小学生
スポンサーリンク
シェアする
おりままをフォローする
おりろぐ